抗菌マイスター株式会社

抗菌マイスターAquaX PRO バラの活力剤

抗菌マイスター JAPAN

農薬を使わないあなたへ。

AquaX バラの活力剤

農薬を使わないあなたへ。

農薬を使わないあなたへ バラの活力剤
抗菌剤の特徴

本品は、人体や環境にきわめて安全な、植物の生育に必要な必須要素・及び微量要素を含んだ水溶性の抗菌剤です。病原菌によるバラの病気の諸症状に高い効果を発揮し、栄養を与えながら、殺虫剤ではできない病気の予防をします。

  • 1. 病原菌による諸症状を徐々に和らげ、その後予防効果により、菌やカビが発生せず、それらの病気にかかりにくい状態に保ちます。
     * 殺菌剤との違いは
     殺菌剤は散布直後に菌を死滅させますが、その直後に新たに菌がつくとまた新たに病気が発生します。
  • 2. 農薬と違い、環境に安全かつ無臭です。室内でご使用になっても安全です。(日本食品分析センター調べ)

ご使用一口メモ

本品は、人体や環境にきわめて安全な、植物の生育に必要な必須要素・及び微量要素を含んだ水溶性の抗菌剤です。病原菌によるバラの病気の諸症状に高い効果を発揮し、栄養を与えながら、殺虫剤ではできない病気の予防をします。

健康なバラに

週に1~2回葉や茎、根元に散布してください。得にこの時期は、葉にカビによる病気がでやすいので、重点的に散布したほうがよいでしょう。

病気の諸症状がでているバラには

うどん粉病・黒点病・灰色カビ病に効果があります。

茎や葉に白い粉(カビ)が発生している場合

最初の一週間は毎日スプレーしてください。発生は徐々に抑えられていきますが3日目位にまた症状がでることもあります。抗菌剤の特徴なのでご心配はいりません。1週間位で発生は収まります。その後は週に1~2回程度予防のために散布してください。
症状が軽ければ、散布後に白い粉は流れ落ちます。でも、この時点では完全に症状は抑えられてはいません。発生がひどい場合はスプレー後、葉の粉を拭取ると効果的です。

茎や葉が茶褐色等になっている場合

最初の一週間位はその発生部分を重点的にスプレーしてください。この場合他の部分もまんべんなくスプレーしておくと他の部分へのカビや病原菌の伝染を抑えます。病状は徐々に和らぎます。

~病気の症状により効果の出方に違いがある場合があります。~

うどん粉病

うどん粉病 散布前 散布後

バラの愛好家から
  • 東京都昭島市在住
    武蔵野バラ会で、「抗菌マイスターのバラの活力液」のサンプルを1本もらって使ってみたら、バラの調子が良いのでもっと使ってみたい。2番花に使いたい。
  • 神奈川県横浜市在住
    畑に200本のバラを育てていて、バラ園をやっている。畑が住宅地なので、農薬をまく時、ご近所にとても気を使うが、「抗菌マイスターのバラの活力液」は農薬でないので、助かっている。
  • 神奈川県横浜市在住
    前はうどん粉病で悩まされていた。「抗菌マイスターのバラの活力液」を使ってから、うどん粉病が発生しないようだ。黒点病は発生してからスプレーしていたけれど、発生する前にスプレーしていたら、広がらないようだ。
  • 東京都杉並区在住
    うどん粉病が発生したら、右手に「抗菌マイスターのバラの活力液」を持ち、左手でこすって、一枚一枚の葉の病気に対処する。手でこするので、安全で手も痛めないこの商品が手軽でとっても良い。